2008年1月24日木曜日

戦略社長塾(2008年1月23日)



大阪産業創造館の創業チャレンジゼミで同期になった方の紹介で戦略社長塾という、経営者向けの勉強会に参加。
毎回経営に必要なスキルをそれを得意とする人が他の参加者向けに講師として情報発信する形式。

今回は行政書士・ファイナンシャルプランナーの方がランチェスター戦略について講義してくれた。
ランチェスター戦略について名前は知っているな~って状態で話を聞いていたのだけれど、元が兵法なだけに、いかにして勝つか?ということを主題にした実践的な戦略だと感じた。

弱者のための戦略と言われているらしいけれど、私はそうは捉えなかった。これは戦力を効率的に使いビジネスを成功させるための戦略だ。
弱者のためというのは、「物理的に戦力が少ないからそれを効率的に使おうね」という後付けだとおもう。これは大企業であっても、いやむしろ大企業こそこの戦略を有効に活用すれば、効果が格段に現れるような代物だ。
10の戦力を効率的に使うのと、1000の戦力を同じく効率的に使うのとではやはり、絶対数が違う。

じゃあ弱者にはやっぱり有用でないのか?といえばそうではなくて、今回聞いた「経営の8大要因を明確にし、どこに戦力を配分するかを見直して効率化を図る」ということは、極端に言えば、1人からでも始められる。そしてそれを規模が大きくなるごとに見直し、積み重ねられていくことで、いわば攻撃力がそれこそ跳ね上がる。

そんなわけで、実践としてまずは日々の時間の使い方を以下の要因に分類してどう時間を利用すれば成果があがるかの戦略を練ろうと思う。
  1. 商品対策
  2. 営業地域対策
  3. 業界・客層対策
  4. 営業対策
  5. 顧客維持の対策
  6. 組織対策
  7. 資金と経費の配分対策
  8. 仕事時間対策

0 件のコメント:

このガジェットでエラーが発生しました