2008年3月3日月曜日

問題解決っていう趣味

問題解決っていう趣味

わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる: いい仕事、してますか? 「自分の仕事をつくる」

 アタマをフル回転させ、知識+経験+人脈(つて)を駆使し、問題を解決している充実感覚は、うまく言語化できない――チャレンジング (challenging)? ああ、たしかに。こればっかりは仕事をする場ででしか発揮できないものだね。それが具体的な「場」ではなく、バーチャルなところであっても然り。「ジコジ ツゲン」という言葉は大嫌いだが、「自分だからこそ上手く解決できる適切な問題」に取り組んでいるとき、その言葉が一番にあっているのだろう。会社では、 能力や時間を切り売りするという感覚はなく、そうした「適切な問題」を手に入れることが仕事をする理由になっている。「リリース直前の変更要求+不具合の 山をいかにさばくか」とか「失敗プロジェクトをどうやって立て直すか」などは、立派な「問題」だ(適切かどうかは分からないが)。

なんだかもっすごく共感。
適度な問題を常に求めてる。んで解決の目処が立つと途端に飽きてしまう。そしてそのプロジェクトが終わらぬうちに次の問題を欲してしまうわけですな。

0 件のコメント:

このガジェットでエラーが発生しました